経口避妊薬は何歳から飲めるのか

経口避妊薬は妊娠を避けるために飲むものですから、出産ができる年齢にならないと飲むことができないと思われていますが、妊娠できる可能性があれば初経から閉経までの間で年令に関係なく服用することが可能です。
若くても飲むことが可能ですし、妊娠をする可能性が少なくなる40代でも服用には問題がないと言えます。
しかし喫煙者や高血圧、糖尿病がない場合に限られますので、症状がある場合には服用できないのが基本となります。
避妊薬は妊娠しない体にする仕組みが特徴ですが、若い年齢で使用すると将来の妊娠への不安も出てきます。
若い年齢から長く服用しても、回復までは数ヶ月となっていますので特に気にする必要はないと言えます。
医師の診断と判断から処方されるのが避妊薬ですから、年齢を気にするよりも正しく服用することのほうが大切です。
医薬品の添付文書には思春期前には使用できないと書かれていますが、月経が始まっていれば未成年でも処方されるのが現状です。
妊娠の可能性がある女性は服用することが可能ですから、年令に関係なく飲むことができるのです。
実際には未成年の妊娠は限りなく可能性が低いですから、処方されるケースも少なくなっているのです。
年齢に関しては一定の制限はあるものの、年齢よりも正しく服用することが重要ですから、医師の診断を基に処方を受けることが大切です。
避妊薬は市販されていませんので、医療機関の処方箋がなければ買えない薬となります。
このことからも変わる通り、経済力のない学生には購入が難しいですし、産婦人科に行かなければいけませんので未成年が使用することは難しいと言えます。
年齢的な制限はありますが、高齢になるとリスクを考えて利用する必要があります。